バイアグラのジェネリック-カマグラゴールド

カマグラゴールドは、EDb勃起障害治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。

カマグラゴールドを服用することで満悦なセックスを行うのに十分なペニスの勃起を維持し、男性の勃起不全を改善する薬です。薬剤成分としてシルデナフィルを含んでいます。シルデナフィルはホスホジエステラーゼ5阻害薬というグループの薬剤です。このグループの薬剤は、体内のホスホジエステラーゼ5という成分の働きを妨げる作用を持っています。

ホスホジエステラーゼ5とは体内にある酵素で、ペニスやその周囲の器官にも多く含まれ、血管の拡張や、平滑筋という筋肉の弛緩に深く関わりがあります。ホスホジエステラーゼ5がどのように血管の拡張や平滑筋の弛緩に関わりがあるのか、血管の拡張や筋肉の働きとペニスの勃起作用にはどのような関連があるのかの説明は少し複雑です。

性的な刺激や興奮によってペニスにあるペニス平滑筋という筋肉が弛緩すると、同時にペニスの周囲の血管平滑筋が緩むことで多くの血液がペニスに流れ込みます。これが勃起がおこる簡単な仕組みなのですが、この機構にはペニスの内部の筋肉や血液の流れが大きく関わっています。

血管の表面には血管平滑筋という薄い筋肉が分布しています。激しい運動などで全身の筋肉や組織で酸素や栄養の必要性が高まると、より多くの酸素や栄養を全身に届けるために血管の太さは拡張します。同じことが性的刺激がおきた場合にはペニスでもおこります。この血管の拡張は、普段は血管を締めている血管平滑筋が緩むことでおこり、そのためにはcGMPという成分が必要です。

つまりcGMPが豊富にあれば血管は拡張し、その部位に多くの血液が流れこむのですが、ホスホジエステラーゼ5はこのcGMPを分解してしまいます。ホスホジエステラーゼ5によってcGMPが分解してしまうと、せっかく弛緩したペニス平滑筋は縮み、血管も収縮して血液の流れは小さくなってしまいます。

ペニスの勃起のためには、ペニス平滑筋が緩んで血管の締め付けが無くなり、ペニスへ体内から血が一度に流れ込む必要があるのですが、この機構が妨げられてしまうのです。このペニス周囲の器官の働きがEDの原因の1つであると考えられています。シルデナフィルはホスホジエステラーゼ5の働きを妨げる薬剤であるため、ペニスの周囲で平滑筋の弛緩させる成分であるcGMPが分解される事を防ぎ、勃起がおこりやすくする事ができます。